投稿者「rkhr4uzVgA」のアーカイブ

FC東京の武藤嘉紀がJ開幕戦で王者相手に2発!

武藤 嘉紀ACL2連敗中の昨シーズン3冠王ガンバ大阪が勝つかと思いました。3月7日のJリーグ2015開幕戦「G大阪―FC東京」。雨の降りしきる万博スタでG大阪が優位に試合を進めていました。後半のロスタイムにこの日2得点目となるFW武藤嘉紀が同点ゴールを決めて、2-2のドローとなりました。

武藤ってすごいな、そう思いましたね。特にFC東京に肩入れしているわけではありません。今、日本代表に求められるストライカーの候補として十分なポテンシャルを持っていると思うのです。

22歳の武藤は現役の慶大生として昨年、日本代表に初召集されました。慶大に在籍しながらFC東京での活躍が認められて“アギーレジャパン”に初入閣しました。大学スポーツサイト関連の情報では、このことは話題となっていました。

野球とは違って、Jリーグでは現役大学生選手が「特別指定選手」としてJクラブに一時的に加入することが出来ます。日本のプロ野球にもこんな制度があってもいいかと思いますが、武藤はこのチャンスを見事に生かして日本代表の切符をつかみました。

大学サッカーに関するブログで「じっとしていられない。誰も手が付けられない。おじいちゃんも、おばあちゃんもお手上げだった」と武藤は語っています。英語が得意で慶大では経済を学ぶなど文武両道の道を自ら選択したと言います。日本代表として世界と戦う準備もすでにしていたのかもしれません。

武藤の良さはゴールに向かってドリブルで切り込んで自分が決める意識が高いことではないでしょうか?J開幕戦でも2得点を奪いましたが、やはりその良さが光っていたように思います。今後の武藤の活躍には注目です!

ブックメーカー研究「bet365」

bet365ホームページ画面

ブックメーカー bet365について今回はお話させていただきます。

その前に、ブックメーカーとは何なのか?ということを少しふれなければなりません。日本人にはなじみの薄い言葉であろうと思うからです。

ブックメーカーとは海外におけるスポーツの勝敗を賭ける賭け屋のことです。スポーツブックとも言われ、イギリスで誕生し、今や世界中でスポーツの楽しみ方の一つとして日常生活に溶け込んでいます。

スポーツブック bet365は、1974年に創設されたブックメーカーで、世界中にユーザーを600万人以上かかえていると言われているメジャーなスポーツブックです。残念ながら日本語には対応していませんが、日本人が外国語の中で最もなじみのある英語での表記が一般的で、日本でも登録方法などのガイドがいくつか紹介されているのでそれらを参考にしながら、bet365に登録し、遊んでみてはいかがでしょうか?

ブックメーカーでは基本的に、試合が始まる前に勝敗を予想してどちらが勝かを賭けるのが一般的ですが、このbet365では「ライブベット」と呼ばれる賭ける方法が最も人気があります。

bet365ライブベット画面「ライブベット」とは試合を見ながら、その状況に応じてベットすることで、bet365はいくらかの入金(賭けるためにプールしておくお金)さえしておけば、無料で世界中の様々なスポーツを見ることが出来ます。


例えば、先日行われたテニスのマドリードオープンを例に挙げれば、錦織圭選手が決勝でラファエル・ナダル選手と戦いました。この試合はもちろん日本の地上波で生中継されることはありませんでしたが、bet365に登録してお金を入金しておけば、仮にベットをしなくてもインターネットでこの決勝戦を見ることができたんです!

そして、刻一刻と変わる試合の状況に応じて、オッズが変化していき、あなたは試合の状況を見極めながらベットを楽しむこともできるんですね。

タダで試合が見られて、しかも賭けて遊ぶこともできる。さらには賭けに勝てばサイフも温かくなる。最高のスポーツ観戦じゃないですか!ブックメーカーbet365はインターネットでのスポーツ観戦の新たな楽しみ方を提供しているスポーツブックであると言えるでしょう。

世界ランク9位が確定した錦織選手は、第1セットを奪ってこのままいけば王者から初白星でしたが、腰の痛みで途中棄権となりました。次回の全仏オープン(5月25日開幕)は、bet365でベットと試合観戦両方を楽しんでみてはいかがでしょうか?

錦織圭